001九州国立博物館


尾張『徳川家の至宝』

10月12日(土)〜 12月8日(日)

尾張徳川家は、徳川家康の九男・義直(よしなお)(1600〜1650)を初代とする御三家筆頭の名門大名で、名古屋城を居城とし、江戸時代を通じて徳川将軍家に次ぐ家格を誇っていました。

大名家は家の歴史・格式を示すために数々の道具を備え、それらは大きく表道具(おもてどうぐ)と奥道具(おくどうぐ)に分けられていました。表道具とは、大名の禄高や家格に応じて備えておくべき武具類と、公的な場で用いられる道具類、奥道具は、藩主やその家族たちがプライベートな場で使った道具類です。

本展では、徳川美術館(愛知県名古屋市)が所蔵する尾張徳川家ゆかりの道具類のうち、太刀や鉄砲などの武具類、茶の湯・香・能の道具類、和歌や絵画・楽器をはじめとする教養に関わる品々など、大名家の歴史と格式を示す約230件の名品をご紹介します。国宝「源氏物語絵巻」、国宝「初音の調度」も期間限定で特別公開いたします。

この展覧会を通して、近世大名を代表する尾張徳川家の美意識を感じ取っていただければ幸いです。


会場 九州国立博物館 3階 特別展示室
開館時間 午前9時30分〜午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料 一 般1,500円(1,300円)
高大生1,000円(800円)
小中生 600円(400円)
*(  )内は前売りおよび団体料金(20名以上の場合)
*上記料金で九州国立博物館「文化交流展(平常展)」もご覧いただけます。
*障がい者とその介護者1名は無料。入館の際に障害者手帳等(*)をご提示下さい。
(*)身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳、特定疾患医療受給者証
*満65歳以上の方は前売り一般料金でご入場いただけます。チケット購入の際に年齢が分かるもの(健康保険証・運転免許証等)をご提示ください。
*キャンパスメンバーズの方は団体料金でご入場いただけます。チケット購入の際に学生証、教職員証等をご提示ください。

◎休日/月曜(※14日(月・祝)は開館、15日(火)は休館)
◎時間/9:30 〜 17:00(入館は16:30まで)
太宰府市石坂4-7-2 (地図
【P有り】
050-5542-8600
http://tokugawa-shihou.jp