050福岡市美術館

シャガール   ロシア・アヴァンギャルドとの出会い 〜交錯する夢と前衛〜

23日(土)〜2011年1月10日(月・祝)

料  金 ...一般1,300円(前売り他 1,100円)、高大生 1,000円(同800円)、小中生 600円(同400円)

鮮やかな色彩と幻想的な作風で親しまれるマルク・シャガール(1887-1985)。
フランスで活躍したイメージの強い画家ですが、実は旧ロシア帝国のヴィテブスク
(現ベラルーシ共和国)生まれ。故郷に深い愛着を持ち、生前から同胞たちの作品を並んで展示されることを望んでいました。今回の展覧会は、このシャガールの夢を、ポンピドー・センターの豊かなコレクションの力を借りることで実現します。
日本ではあまり知られていないゴンチャローワやラリオーノフなど、ロシア前衛芸術の旗手たちの作品を、シャガールの名作とともに展示し、出品総数160点により、画家を取巻いていた美術界の状況を
「ロシア」という観点から再現するものです。
九州に初上陸する、世界最高峰のポンピドー・センターの「シャガール」。ぜひ会場で、シャガールの新たな魅力を発見して下さい。

◎休日/月曜日休館(ただし1月10日は開館)、12月27日~1月4日は休館
◎時間/9時30分~17時30分(入館は17時まで)
福岡市中央区大濠公園1-6福岡市美術館 特別展示室A (地図
【P無し】
092-714-6051
http://www.fukuoka-art-museum.jp